精神科女医の健康談義

精神科医の立場で精神科医療や栄養療法、漢方治療などについてわかりやすくお伝えしています。

うつ病の新たな治療②-炎症を抑えるにはー

前回の続きです。

前回はうつ病の病態の一部は炎症が関与しているというものでした。

では、脳内の炎症を制御すれば、うつ病の予防になる、もしくは一部のうつ病は改善するのではないかということです。

 

 

 

 

BHBの投与が脳内で炎症を制御する


BHBは、ケトン体の一種です。飢餓時に、脂肪酸の酸化によって、肝臓や腎臓で産生されます。ケトン体は、糖質制限によって出てくることで有名ですね。
以前は、脳はブドウ糖しかエネルギー源として使えないと思われていましたが、ケトン体も第二のエネルギーとして利用できる事がわかっています、
それどころか、ケトン体は脳を穏やかにする、集中力、記憶力を向上させるなどと言われています。

そのケトン体であるBHBに、前回お話したNLRPの活性を抑制し、炎症性サイトカインの産生を制御する働きがあることがわかりました。
BHBは元来生体内にあるもので、血液脳関門を容易に通過するので、治療薬としては非常に使いやすいと考えられます。
マウスの実験ではBHBの抹消投与(体の血管から投与すること)は脳内のBHBの濃度を上昇させ、抗うつ効果を認めることがわかりました。そしてストレスによって上昇する脳内の炎症性サイトカイン(IL-1β)濃度を抑制することもわかりました。

 

中鎖脂肪酸の摂取でうつ症状がよくなる


ただ経口投与(口から飲む)のBHBでは、容易に分解されて効果が得られません。そこで中鎖脂肪酸MCT)の経口投与が有効であることが動物実験で確認されました。
(BHBは非常に高価、MCTは安価なのも、なおよい点です。)
通常、体内にブドウ糖が十分にある時には、ケトン体は作られにくくなっています。しかしMCTは、摂取後直接肝臓まで運ばれ、容易にミトコンドリア内に入ることができるので、体内にブドウ糖があってもケトン体を効率的に作り出すことができます。
つまり、糖質制限をしていなくても、糖質制限中のような状態にもっていけるんですね。
MCTを内服すると、BHBに変化します。MCTの経口投与でもBHBの抹消投与と同様に抗うつ効果が得られ、脳内の炎症を抑制できることが確認されました。

現在BHBによる抗うつ治療を臨床的に応用できるよう研究をすすめられているようです。


MCTオイルを飲むというのは試してみる価値あり

 

ここからは私見ですが・・・
ケトン体であるBHBを増やすために、うつ病の方は糖質制限を試してみてもいいかもしれません。

糖質制限の注意点は過去のブログを参照ください。)
現在、市販でもMCTオイルは売っています。(中鎖脂肪酸含有オイルなどは含有率が低いのでほぼ効果は見込めないと思います)これを試してみるのもよいかもしれません。

まだ研究段階ではありますが、安全性が高い、お金もあまりかからない治療というのは試す価値があるように思います。

 

ただMCTの飲み方には工夫がいるようです。

それはまた来週にお伝えしたいと思います。

 

(糖尿病患者の方はケトン体が上昇すると糖尿病ケトアシドーシスを起こすことがあるので主治医にご相談ください。)

 

f:id:sakuranbo23:20190420092803j:image

 

参考文献:ストレスが脳内炎症を介してうつ病を誘発する機序の解明と新たな治療法の開発  岩田 正明

うつ病の新たな治療①-うつ病と炎症の関係ー

最近は、うつ病自閉症アルツハイマー認知症に、脳内の炎症が関係しているという報告が相次いでいます。予防医学の分野では、いかに炎症をおさえるかというのが、老化を抑える非常に重要な要素となっています。

先日、岩田正明先生(鳥取大学医学部脳神経医科学講座精神行動医学分野)の「うつ病の病態理解~ストレスによる脳内炎症~」という講演を聞く機会がありましたので、2回にわたって紹介したいと思います。

 

 

 

うつ病と炎症

現在、うつ病の病態には様々な仮説がたてられています。

遺伝的要因、神経内分泌仮説、モノアミン仮説・・・それらと肩を並べる一つという位置づけで神経炎症仮説を報告されています。


うつ病と炎症については、以前から関連性が指摘されていました。
風邪をひくと、食べられない、しんどい、やる気がおきない、気が滅入るなどの症状がでます。これを「Sickness behavior 感染が引き起こす精神症状」といいます。つまり、感染によって、うつに類似した症状を起こすということです。
これはウシでも報告されており、ウシが感染すると、マクロファージが炎症を感知して、炎症性サイトカインを出す、これが脳の神経に作用することで、眠れない、食べられないなどの症状を引き起こす事もわかっています。


以前から、うつ病患者さんの血液では炎症性サイトカインの上昇があることや、ストレスが血液中の炎症性サイトカインやCRP(炎症を反映する値)を上昇させることなどがわかっています。


炎症とうつ病に関連があることは間違いなさそうですね。

 

ストレスが炎症を引き起こす経路


ストレスがうつ病発症の引き金になることがありますが、ストレスと炎症はどう関係してるのでしょうか。

今回の講演では「ストレスが脳内の炎症を引き起こす」メカニズムが紹介されていました。
ストレスにより、脳内で炎症性サイトカインが産生されて、それが神経を障害するという内容です。
カニズムは以下の通りです。専門的な内容になっているので、読み飛ばして頂いても差し支えありません。


ストレスにより、脳内のグルタミン酸が上昇し、それが脳内ATP濃度を上昇させます。ATPが脳内のmicroglia(免疫担当細胞)のP2X7R受容体にくっつくと、細胞内の受容体であるNLRP3が活性化し、インフラマソームが起こり、炎症性サイトカイン(IL-1β、IL-6、TNFα)を産生します。この炎症性サイトカインが神経細胞を障害します。
うつ病患者さんでは血中NLRP3濃度が高く、回復すると健常者と同程度まで低下することがわかっています。
このNLRP→炎症性サイトカインは糖尿病、肥満、アルツハイマー認知症、喘息など様々な病態に関係していることも指摘されています。これらの疾患も炎症とかなり関連が深いということですね。

 

炎症を抑えて、うつを治療する


炎症の経路を抑え、炎症性サイトカイン産生を抑える事がうつ症状の予防や進行抑制になりそうです。
先ほどのATPがくっつくP2X7R受容体の阻害薬や、炎症性サイトカイン(IL-1β)の中和抗体なども研究開発されているようですが、治験での脱落や価格の問題で現在は実用化には至っていないようです。

そこでBHBという物質がNLRP→インフラマソームの過程を制御し、うつ症状を改善することが明らかとなってきました。
BHB(βーヒドロキシ酪酸)は非常に身近で、私たちの日常にも取り入れることができそうなので、BHBはに関しては次回詳しく説明したいと思います。

 

f:id:sakuranbo23:20190419185101j:image

 

参考文献:ストレスが脳内炎症を介してうつ病を誘発する機序の解明と新たな治療法の開発  岩田 正明

 



グルテンフリーを2週間試すとよいことがあるかもしれません。

今日は午後から外勤だったので、外勤先の近くのカフェでランチを食べました。グルテンカゼインフリーのカフェです。

f:id:sakuranbo23:20190418134131j:image
お昼時でしたが、お客さんは全員、外国の方でした。
以前、ホームステイを受け入れたオーストラリア人がヴィーガンの女の子でした。日本ではグルテンフリーやヴィーガンのお店を探すのが大変だと話していました。


グルテンフリーという言葉は、ここ数年で飛躍的に聞きなれたものになってきました。
なぜグルテンフリーがよいのでしょうか。

 

グルテンは小麦由来のタンパク質です。グルテンは分解されにくい構造になっており、未消化のまま腸に届き、腸粘膜を傷つけてしまいます。リーキーガット症候群、炎症の原因になります。つまり、グルテンを食べ続けることで腸管に穴があいて、すかすかな状態になり、そこから様々な物質が入り込んでしまいます。そうすると特定の食べ物にアレルギー反応を起こしたり(遅延型フードアレルギー)、有害金属や化学物質を体内に流入させてしまいます。だるい、頭がぼーっとする、蕁麻疹、下痢、便秘などの様々な症状を引き起こします。糖も直接入り込み、血糖値が不安定になります。
リーキーガット症候群について詳しく知りたい方は宮澤先生のHPをご覧ください。

https://miyazawaclinic.net/orthomolecular/blog


グルテンを2週間断ってみると、体が楽になったり、アレルギーが落ち着いたり、お腹の調子がよくなるかもしれません。そうであれば、不調の原因はグルテンの影響と考えられますので、しばらくはグルテンフリーの食生活を送り、腸内環境の改善に努めましょう。


しかしグルテンはやめるのが一苦労です。私たちの周りにはグルテンが溢れています。パン、うどん、ラーメン、お好み焼き、パスタ、ケーキ、クッキー・・・。食べるものがかなり制限されてしまいます。
更に、グルテンは、モルヒネ様作用を持ち、中毒性があります。パン好きの人はパン屋を見たら入らずにはいれないというやつです。パン中毒の人に、いきなりグルテンフリーは難しいので、少しずつ、米粉パンなどの代替製品に置き換えていくしかありません。

 

腸が丈夫で消化力のある人であれば、グルテンの影響は少ないでしょうし、全ての人にグルテンフリーが必要というわけではありません。


しかしもし不調の原因となっているのであれば、慢性的な炎症を抱えることになり、様々な疾患を引き起こす可能性があります。
できるところから少しずつ始めてみてはどうでしょうか。

 

かくいう私はパンが大好きです。以前は、食パンとコーヒーが至福の朝食でした。今は朝は、ごはん食にしています。麺類はほとんど食べません。しかし休日のランチや、時々は朝食に、大好きなサンドイッチや食パンを食べます。嗜好品と考えて、楽しんで食べるようにしています。

 

従来のうつ病の治療と分子栄養学のうつ病の治療

 

 

精神科でのうつ病治療

精神科ではうつ病の治療は「モノアミン仮説」に基づいて行われています。

「モノアミン仮説」とは、神経伝達物質である、セロトニンドパミンノルアドレナリンなどのモノアミンが不足することによって、うつの症状を生じているというものです。

したがって治療では、脳のシナプス間のセロトニン濃度を上げる、SSRIセロトニン再取り込み阻害薬、パキシルやレクサプロ)や、セロトニンノルアドレナリンの濃度をあげる、SNRI(セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬、サインバルタイフェクサー)という薬を用います。

しかし、約3割の患者さんは抗うつ薬に効果を示さないと言われています。

 

分子栄養学でのうつ病治療

分子栄養学ではこの部分を説明可能なものにしていくれています。

分子栄養学では、精神疾患を脳の生化学状態により分類し、脳の生化学的なアンバランスを整えることで治療します。

うつ病の患者さんは、症状と血液検査などによって、低メチレーション葉酸欠乏、銅亜鉛バランス、ピロール異常、重金属に分類され、補うような治療をします。(分類や治療に関しては長くなるので、今回は割愛します)

例えば、低メチレーションの人は、完璧主義で負けず嫌いな人が多く、SSRIに効果を示すという特徴があります。葉酸欠乏の人は、不安が強くパニックを起こしやすい、セロトニンは多いので、SSRIを服用すると逆に衝動性や攻撃性が出ることがある、という特徴があります。

メチレーションの人は、うつ病の38%と報告されているので、先ほどの抗うつ薬に効果がある人が3割、という値と概ね一致します。

SSRIの副作用にactivation syndrome というのがあり、特に服用初期に、不安、焦燥、不眠、衝動性などが出現することがある、と注意喚起されています。これもSSRI葉酸欠乏タイプの人に使った場合と考えると説明がつきます。

 

 

脳は栄養の影響を受けやすい臓器です。

実臨床をしていると、予想される結果にならないこともありますが、分子栄養学の考えを頭に置いておくと、非常に治療の幅が広がるように思います。

f:id:sakuranbo23:20190417221424j:image

 

参考文献:NUTRIENT POWER  William.J.Walsh

夕方の不調は低血糖かもしれません

夕方になると、体がだるくなる、異常な空腹感を感じる、頭がぼんやりする...これは低血糖かもしれません。

 

本来血糖値は午前4時が最高、午後4時が最低です。これは副腎機能の日内変動と一致しています。

血糖維持という視点からは、夕方は非常に危険な時間帯です。

 

 

 

夕方に血糖値を維持できないのはどういう人?

 

この時間帯に血糖値をうまく維持できないのはどういった場合でしょうか。

 

一つ目は、昼食後の高血糖に反応してインスリン(血糖値を下げるホルモン)の過剰分泌が起こります。そうすると、急激に血糖が低下し、食後数時間後の夕方の時間帯に、低血糖を起こす事があります。反応性低血糖症と呼ばれ、血糖調節障害の一つです。

二つ目は、コルチゾールなどの血糖を上昇させるホルモンがうまく出ない人、つまり副腎疲労の人も夕方の血糖をうまく維持できません。

 

こうなると、夕方に低血糖の症状が出現します。だるい、ぼーっとする、イライラする、空腹感、動悸、冷や汗などが出ることもあります。

 

精神科病院の入院患者さんの中にも、夕方に不安を訴え、頓服を使用する方が多くみられます。全てが血糖値で解決できるとは思いませんが、一部に血糖値が原因の方もおられると考えています。

 

夕方の低血糖への対処法

 

ではどう対策を取れば良いのでしょうか。

手っ取り早いのは、低血糖が起こる前、3時ごろに補食をとる事です。ここで甘いお菓子などを食べてはいけません。再び、高血糖から低血糖へ、血糖値の乱高下が起こります。ゆで卵やチーズ、コンビニであれば焼鳥串などのタンパク質がおススメです。しかしタンパク質は下がり切った血糖値を急激に上がることはできないので、血糖値が下がり切る前の3時頃に食べるのがポイントです。

もう一つは、昼食に注意することです。お昼に大量の糖質を取ると、食後高血糖からの低血糖で乱高下パターンが起こります。高血糖を起こさない、低糖質な食事がおススメです。

どんぶりや麺類は控える、定食でご飯を少なめにして、野菜→肉や魚→ご飯の順に食べる、などです。

そして、甘いお菓子はいけないと思い、カロリーゼロの飴などを食べるのも危険です。カロリーゼロ製品に入ってる、人工甘味料は血糖値は上がりませんが、インスリンの分泌を刺激するといわれています。実はフリスクなども、人工甘味料が入っており、注意か必要です。

 

夕方の不調に、思い当たる人は是非試してみてください。

f:id:sakuranbo23:20190416214158j:image

ゴルフで認知症予防!ゴルフと脳の働きの勝手な考察

マスターズでタイガーウッズが14年ぶりの復活優勝を飾りました。一時はどん底だったウッズの劇的な優勝は、多くの人に感動と興奮を与えたと思います。私もその一人です。

今日はゴルフについて日々考えていた事を書きたいと思います。

f:id:sakuranbo23:20190415200633j:image

 

ゴルフのスイングは脳の頭頂葉を鍛えることで安定する?

私は大学時代にゴルフ部に所属し、ゴルフに打ち込んでいました。

研修医や出産などで、5年ほどブランクがあり、今は週に1回、打ちっぱなしに行くか行かないか、年に7回ぐらいラウンドに行く程度です。

学生時代の方がもちろん、スコアはよかったのですが、これだけ練習をしなくなった今のほうが、スイングは安定して、スコアも大崩れすることはなくなりました。(学生時代は80台前半、今は90前後)

大学時代はゴルフ以外の運動はしていませんでしたが、今はジムでのダンスプログラムやヨガを週1回続けています。ヨガによって体幹が鍛えられた事と、ダンスによって、視空間認知機能が刺激されたことで、スイングが安定したのではないかと考えています。

視空間認知とは、目から入った情報のうち、ものの位置や向きなど、空間を立体的に認識する能力です。即座に反応して体を動かすことや、複雑な形も覚えることなどと関係しています。アルツハイマー認知症では初期の段階で、この視空間認知が障害されるので、道に迷ったり、自分の体の場所がよくわからず、服がちゃんと着れなくなったりします。

ダンスプログラムでは、インストラクターの動きを必死で真似ようとします。即座に向きや左右、動かす体の部位を見て、自分の体の相当の部位を動かします。常に頭頂葉が刺激されます。

これを続けていると、女子プロなどのスイングをみて、それをイメージしながら、自分の体で再現し、スイングするということにつながるように思います。

 

ゴルフのラウンドは脳の前頭葉機能を刺激する?

脳の前頭葉の働きに、遂行機能というものがあります。計画立てて実行する力です。認知症ではこの前頭葉の機能が低下すると、料理など、複雑なプロセスを踏むものができなくなります。

ゴルフのラウンドでは、コースマネージメントが重要です。「残り何ヤードで右がOBだけど、左のあそこにはバンカーがあるから、一番安全なあそこに刻んで、残りは7番アイアンの距離にしよう」みたいな計画を立てて実行することです。まさに前頭葉の実行機能ですね。ラウンドすることでかなり前頭葉が刺激されます。

 

認知症予防にゴルフは最適!

これまで述べたように、ゴルフは脳をよく刺激してくれます。

ゴルフは、友人たちとコミュニケーションをとり、考えながら、歩くという、まさに認知症予防にぴったりですね。楽しく昼食を取り、終わった後にはゆっくりとお風呂につかり、ストレス解消というおまけもついてきます。

唯一の難点が紫外線です。塗る日焼け止め、飲む日焼け止め、抗酸化対策のビタミンC大量補給をお忘れなく。

f:id:sakuranbo23:20190415201549j:image

 

眠る犬

週末なので、ワンコネタです。

成犬の睡眠時間は12〜15時間だそうです。1日の半分ですね。

うちのワンコもよく眠ります。

ちょっとした物音で起きますが、犬はレム睡眠が8割を占めるそうです。基本的には浅く長い眠りなんですね。

敵から身を守り、体力を温存する、野生で生きるための名残でしょうか。

安心して眠ってくれる姿は最高の癒しです。

f:id:sakuranbo23:20190414185908j:image

f:id:sakuranbo23:20190414185916j:image